火の神 


記紀神話に名前の出てくる、燃えて輝く男の神様です。





この神様なのかはわかりませんが、
祖父が拝んでいた神様は火の神様と聞いています。

実際どんな神様を信仰していたのかよくわかりません。
祖父の故郷は長野の大鹿村というところなのですが、
神話によるとタケミカヅチが通った道だそうです。

タケミカヅチは雷と剣の神様です。


その他にも土着の神様だった可能性もあり、絞り切れていないのが現状です。



やはり自分のルーツとして、とても気になるところです。
スポンサーサイト

2014/03/22 Sat. 21:41 [edit]

Category: 作品

TB: 0  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://junkarts.blog33.fc2.com/tb.php/367-e1edd89d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △